足立区に対応しているポスティング業者紹介の足立区ポスティング.com|足立区の紋章・鳥・花・樹木

「足立区ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

足立区あれこれ

足立区の紋章・鳥・花・樹木

足立区の紋章・鳥・花・樹木の写真

 足立区の紋章

昭和33年に一般公募し、制定されたもので、「足立区」の足の字を図案化したものです。

 足立区のシンボルマーク

足立区のシンボルマークは、チャレンジング(挑戦)、ハーモニー(調和)、ヒューマン(人間性)のイメージ目標のもとに制定されました。
都市・自然・人間の調和をADACHIの頭文字のAをモチーフに、水と緑のカラーで未来への飛躍を表現しています。

 足立区の花(チューリップ)

昭和57年10月1日に制定されました。
チューリップはユリ科チューリップ属の植物です。球根ができ、形態は有皮鱗茎となります。中近東ではラーレと呼ばれています。また、アナトリア、イランからパミール高原、ヒンドゥークシュ山脈、カザフスタンのステップ地帯が原産と言われています。
足立区の元渕江公園は、チューリップが観賞できるスポットとして区民に親しまれています。

 足立区の樹木(サクラ)

昭和57年10月1日に制定されました。
サクラの原産地はヒマラヤ近郊と考えられており、現在、ヨーロッパ・西シベリア・日本・中国・米国・カナダなど、主に北半球の温帯に、広範囲に分布しています。
また、サクラは日本文化に馴染みの深い植物であり、日本において観賞用として植えられているサクラの多くはソメイヨシノという品種です。英語では桜の花のことをCherry blossomと呼ぶのが一般的であるが、日本文化の影響から、sakuraと呼ばれることも多くなってきています。足立区内では、一ツ家公園が有名で、サクラの名所となっています。

(足立区資料提供)